今後発売予定の新作FFについて

1987年、第1作目となる「ファイナルファンタジー」発売から24年経った現在でも絶大な人気を誇る超有名タイトル。長い間愛され続けているRPGの名作、「ファイナルファンタジー」シリーズ。プレイしたことの無い人でも、1度は聞いたことがあると思う。日本だけでなく、海外でも愛され続けている作品で、RPGといえばドラゴンクエストとファイナルファンタジーと言われるほど。タイトル作も2017年に87作品という数の多さでギネスにも載ったことがあり、ナンバリングタイトルの他にも様々なスピンオフ作品やメディアミックス作品などの派生作品も存在する。今回は今後発売が予定されている作品や発売が決定した作品について紹介していく。

2022年3月18日に発売決定の新作大型スピンオフ作品

ストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン(Stranger of Paradise Final Fantasy Origin)、略してファイナルファンタジー(FF)オリジンと呼ばれる今作は、2021年6月14日に行われたオンラインゲームイベント「E3 2021」にて発表され、9月30日〜10月3日に行われた「東京ゲームショウ オンライン 2021」(TGS Online 2021) にて発売日が発表された最新作のスピンオフ作品だ。

今作は、スクウェア・エニックスと「仁王」や「デッド・オア・ライブ」などのアクション性の高い作品でおなじみのコーエーテクモゲームスのTeam Ninjaが共同開発を進めている。6月と10月に体験版も配信され、期待が高まる今作では、従来のFF要素はもちろんのこと、少し違った方向性への挑戦も感じられるスピンオフ作品となっている。

ゲームシステム

今作はアクションRPGのジャンルに属し、ハックアンドスラッシュ、敵を繰り返し倒す通称: ハクスラ要素やスキルツリー、ジョブチェンジなどの育成要素も折り混ぜられている。ダークファンタジーっぽい世界観にて主人公であるジャック、ジェド、アッシュの3人でストーリーが進んでいく。最大3人でのオンラインマルチプレイも可能になっている。戦闘シーンではジョブを切り替えながらの戦闘、FFでお馴染みのアビリティに加え、「ソウルバースト」や「インスタントアビリティ」などの新要素も満載だ。装備も充実しており、装備とともに見た目も変化するため自分好みの格好で楽しむこともできるようだ。従来のFF要素も含まれ、1作目の「ファイナルファンタジー1」の敵である「ガーランド」の名が出たり、光の戦士などのワードも出たりと、繋がりがあることも垣間見える。時代と共に進化してきた「ファイナルファンタジー」シリーズ、コマンドバトル形式から始まり、徐々にアクション性の高いRPGへと進化を続けている。今作はその中でも従来のファイナルファンタジー要素に加え、新たなる試みを加えた待望の新作となっている。

ナンバリングタイトル最新作

「ファイナルファンタジー」シリーズのナンバリングタイトル最新作は発売日は未定だが発売が発表された「ファイナルファンタジー XVI」。前作のナンバリングタイトルである2016年に発売された「ファイナルファンタジー XV」から5年経ち、心待ちにしている人も多いだろう。最初に発表されたのは2020年の9月17日の「PS5ショーケース」で、「FF XV」から4年経ってからだった。今作はPS5タイトルとしてダウンロード版とパッケージ版での発売予定になっている。今作のプロデューサーは「FF 14」を手掛け、不評だった「FF14」を蘇らせた人としてプレイヤーとしても有名な吉田直樹氏だ。そしてディレクターを務めるのは数々のFFシリーズに携わった高井浩氏。この2人が手掛ける今作には、多くのファンも期待している。

今作のストーリー

今作の物語は「クリスタルの加護を断ち切るための物語」がテーマになっている。今回の舞台はクリスタルの加護を受けている大地「ヴァリスゼア」。

この大地の国々はマザークリスタルと呼ばれるクリスタルの巨塊を所有し、それによって均衡を保ちながら安静に暮らしている。そしてこの大地では「ドミナント」と呼ばれる「召喚獣」を喚び降ろすことのできる選ばれし者たちが存在する。王侯貴族として、戦争の武器として、忌まわしき存在として、国によってその扱いが変わり、過酷な運命を辿ることを要される。

今作には主要人物となるキャラクターは現時点で3名確認できる。主人公であるクライヴ・ラズフィールド(Clive Rosfield)は15歳のロザリオ公国の第一王子。ドミナントとして覚醒せず、10才の実弟である第二王子ジョシュアがフェニックスを宿すドミナントとなった。この二人と共に育ち、兄弟のような間柄にある12才の少女ジル・ワーリック。クライヴはその剣の腕前からジョシュアのナイトとなり、”フェニックスの祝福”で能力の一部を使えるようになるが、あることをきっかけに悲劇に巻き込まれて行く。

ゲーム性

現在、確認可能な情報から、今作の物語のキーワードは「復讐」と推測することが可能になっている。トレーラーでは、大きな召喚獣同士の戦いや、竜騎士とのスタイリッシュな戦闘シーンが見られるため、ファンタジー要素も充分詰まったアクション性の高い作品となっていることが伺える。

これからのFF

今回紹介したのは、今後発売予定となっている最新作のストレンジャー オブ パラダイス ファイナルファンタジー オリジン、ファイナルファンタジーXVIの2作だ。つい先日スマホゲームとして配信された「FFVII The First Soldier」では、ファイナルファンタジーのバトルロイヤルゲーム、という従来ではあまり考えられない斬新な試みからも、「ファイナルファンタジー」シリーズは時代と共に変化を遂げていることが分かる。アクション性の高いゲームになりつつも、FFの醍醐味とも言える世界観とストーリー性は変わらず健在している。更なる期待とともに、プレイできる日が待ちどうしい。

まとめ

「ファイナルファンタジー」ナンバリングタイトルはそれぞれの作品は直結していないため、プレイしたことがない人も充分に楽しむことが可能になっている。リメイク版なども多数存在し、ストーリーはもちろん、音楽と世界観、全てが楽しめるのが「ファイナルファンタジー」だ。今回紹介した作品はもちろん、他の作品も気になった方は是非プレイして見てほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。