厳しい意見が次々と!?『FF16』売れない理由と酷評の内容とは?

厳しい意見が次々と!?『FF16』売れない理由と酷評の内容とは?

スクエア・エニックスが開発・販売を担当している大人気ゲームシリーズのファイナルファンタジーから、2023年6月に新作のFF16が発売されましたね。いつもなら大人気作品としてネットからも人気の理由が聞こえてきそうですが…。残念ながら、今回ネット上からは、厳しい意見が聞こえてきています。いったい何があったのでしょうか?

この記事では、FF16 売れない理由と酷評についてまとめてみました。

記事概要

FF16基本情報

  • 発売日:2023年6月22日
  • ジャンル:アクションRPG
  • 対応機種:PlayStation5
  • 対象年齢:CERO D 17歳以上
  • 開発・発売:スクエア・エニックス
  • 出荷本数:全世界300万本
  • その他:2023年9月には、有料のDLC2種類とPC版の開発を発表している
  • キャッチコピー:「これは―クリスタルの加護を断ち切るための物語。」

FF16はどんなゲーム?

FF16はFFシリーズ初となる本格アクションRPGになります。召喚獣同士のバトルシーンや魔力や召喚獣の力を使ったハイスピードアクションが魅力であり、アクションが苦手な方向けにシンプル操作で楽しめるストーリーフォーカスモードも搭載されています。

FF16 売れない理由と酷評について

FF16 売れない理由とはいえ、基本情報の世界出荷本数を見ていただければわかるように300万本という結果が出ています。それでもなおネット上では酷評が取りざたされているようですが、その理由を見ていきましょう。

PS5初回リリース独占販売という今どきレアケースな販売方法

多くの作品が、PS版とPC版の同時発売という形をとっている中で、FF16のPS5独占発売(6ヶ月間)はレアケースとなります。2023年9月時点で、PC版開発中となっており、11月現在もPC版及びPS4版も未発売ということで売り上げの低迷が囁かれているようです。

FFシリーズ初のアクションという試みが従来ファンには敬遠されがち

新たな試みでファン層の新規開拓を狙ったのかもしれませんが、これが往年のファンには敬遠されている感じでしょうか。好みと言ってしまえばそれまでなのですが、好きなアイドルのキャラ変に納得いかない気持ちに似ているかもしれません。初心者向けのストーリーフォーカスモードが、どれだけ受け入れられるかという点で変わってくるかもしれませんね。

配信禁止区域無しというレアケース

FF16には配信禁止区域が無く、エンディングを含めて配信OKという形になっています。近年、ストーリー主導のゲームでは配信禁止区域が厳しく設定されているものが多いので、FF16は、こちらもかなりレアケース。これにより、配信で見れれば満足といった層が多いのではないかと見られているようです。

FF16 売れないとはいえ実際は…?

発売から5ヶ月間程が経っていますが、実際には、FF16に対する反響もよく、徐々にではあるものの、評判も好印象のものが多くなってきているのが実情です。売れないであろうという予測も覆りつつある状態と言えるのではないでしょうか。FFシリーズの中には、酷評と言われつつも徐々に売上を伸ばしていったケースもあるため、中長期的に販売数が上がっていく可能性は大いにあるでしょう。今後のDLCやPC版の発売で流れも大きく変わるかもしれませんね。