FF5 ファリスの本名や正体など

faris2a

ファリスのプロフィールや気になるポイントをまとめてみました。

FF5のパーティーキャラクター

人物

登場作品:FF5
年齢:20歳
身長:172cm
出身地:タイクーン城

光の戦士の1人

概要

タイクーンの王女だったが幼少期に海難事故に合い行方不明になっていた。実は事故の際に海賊に拾われて育てられていた。若干20歳で海賊の親分として生活している為、「男に舐められない為」に男として振る舞っている。レナ、ガラフ、バッツ達が捕まった海賊の親分がファリスで素性は隠したままバッツ達に協力する。愛棒にシルドラという巨大な海竜が居て、海賊船を引っ張ってくれていたが、風の神殿へ向かう途中で海で魔物に襲われた際に、ファリス達の身代わりとなって海に消えていった。

父がクリスタルを守れと言い残し、消えてしまったことを機にクリスタルを守る使命を秘めてバッツ達と共にエクスデスを追う。愛棒のシルドラは後に召喚獣として使用可能になる。

男装美女

世の中に男装喫茶が出来るはるか昔から男装していた女である。

ガラフが素顔を見つめて思わず照れてしまったりするなど、美人を匂わせるイベントシーンが多い。

ステータスとしても魔力と力のバランスが良いので、使い勝手が良く、ジョブチェンジした時のかっこよさもFF5随一と言える。

サリサ・シュビール・タイクーンとは

ファリスの本名。

レナと同じくラストネームにタイクーンを持つ王女様。ファリスというのは幼いころに自分の名前が言えず訛ってしまったことからファリスと呼ばれていたことから名乗っている。レナは妹で姉がファリスである。

旅の道中で自分の出生の秘密を知り、エンディングでは王女としてレナと共にタイクーンへと帰る描写もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。