ライフストリーム【FF7】

ライフストリームとは

ダウンロード

星に生きるものが死ぬと、それまでの知識やエネルギーが星の胎内に流れ込み、また新しい命として生まれ変わる。精神エネルギーのような存在ではあるがこれは普通の人の目にも見える。

神羅カンパニーが発展したある意味1つの資源であり、これを『魔晄』と名付けてエネルギー利用した事によって近代的な発展をすることになった。

星から吸収するために各地に魔晄炉と呼ばれるエネルギー採掘場を建設し、そこから得た魔晄のエネルギーによって産業などに利用されている。

ライフストリームは星の命そのものであることからある意味血流のような働きもしており、無理にライフストリームが発掘された周辺の土地は命を育むことが出来なくなる。

例えばミッドガルでは自然が殆どないが、これは神羅カンパニーの魔晄運用が原因に挙げられる。作中でも花がない世界で唯一エアリスだけが花を育てることが出来た。

このエネルギーを大量に浴びると常人ではエネルギーや知識量に耐えられずに精神的な崩壊を引き起こしてしまう。

これを魔晄中毒といい、クラウドも度々この後遺症によって悩まされた。

神羅カンパニーのソルジャー選抜にはこの魔晄に対する耐性があるかないかという所で大きなふるいに掛けられる。

またライフストリームは星が傷つくとその場所に集まる性質をもっている。

この事からセフィロスはメテオによって星に大きなダメージを与えてそのエネルギーを全て取り込もうとしていた。

スポンサーリンク

意志を持つエネルギー

ライフストリームはエネルギーであるがゆえにコントロール可能だと思われていたが、セフィロスが発動させたメテオに対して、力が足りなかったホーリーを手助けするように現れた。

アドベントチルドレンの冒頭ではマリンによって『星はライフストリームを攻撃する力に使った』旨の解説がなされている。

さらに本編、アドベントチルドレン共に大量のライフストリームが現れる時には同じくマリンがエアリスの気配を感じ取っていることから、通常の概念でいう死後の世界のような場所でもある。

裏設定

開発者インタビューにより、FF7の星とFF10-2に登場したシンラ君が異界に発見した膨大なエネルギーを持つ星は同一であるという1種のパラドクス説が出された。

シンラ君の名前の通り、神羅カンパニーにおけるライフストリームのエネルギー運用を考えたのはシンラ君が到着した星の事だという設定から、FF10-2で異界という名の宇宙に1人で旅立ったシンラ君がFF7の星に辿りついて神羅カンパニーを築いていったという説。

これによると、FF10のスピラで召喚(祈り子の夢)と実体を繋いで具現化させていた幻光虫と呼ばれる虫とライフストリームの性質が似ているとのこと。

スポンサーリンク