ジェノバ・プロジェクト【FF7】

ジェノバ・プロジェクト

1

神羅カンパニーの科学部門統括であったガスト博士が提唱した『古代種の再生計画』の呼称。

約2000年前の地層から見つかった仮死状態の生物を『ジェノバ』と名付けたガスト博士がその姿から古代種だと誤認し、その細胞を使って古代種の能力を持った人間を作り出すという目的で行われた一連の実験プロジェクト。

もちろん、これはジェノバがおこなった擬態による判断ミスであり、実際に古代種が再生されることはなかった。

スポンサーリンク

ジェノバ・プロジェクトの全容

神羅カンパニーには古代種のみが知り得る『約束の地』を探すという目的があった為に古代種の復活を目指して研究が行われてきた。

初期の研究メンバーには以下のような面々が挙げられる

最初の被験者となったルクレツィアと宝条博士の子供であるセフィロスは驚異的な能力を持つに至ったものの、ルクレツィア自身の心身に異常が見られたことからガスト博士は研究を放棄して神羅カンパニーを去っていった。

その後、研究の責任者は宝条博士に引き継がれ、ソルジャーの生産やセフィロス・コピー計画など様々な実験に分裂していった。

しかし、セフィロスの暴走を始めとして、宝条博士の打ち立てた仮説は尽く破綻してしまい、結果だけを見れば失敗に終わっている。

もちろん、古代種の復活などは出来る筈もなかった。

CCFF7でのジェノバ・プロジェクト

クライシスコアではジェノバ・プロジェクトは大きく2つに分類されており、

1つはプロジェクトSと呼ばれるセフィロスが誕生した方法。

そしてもう1つはプロジェクトGという違った形での細胞移植実験となっている。

プロジェクトGでは研究成果が得られなかった事から、セフィロス同様にジェノバ細胞を直接移植するプロジェクトSがメインになった。

また、セフィロス・コピー計画ではクラウドやザックスなどが人体実験を受けている。