【FF7】時系列で見るセフィロスの生涯

1

セフィロスの生涯や設定などを時系列ごとに整理してまとめています。

FF7のラスボス

愛刀の正宗を持ち、全ソルジャーの憧れだったセフィロスは生まれながらにしてジェノバ細胞を宿した宝条博士の実験成功第1弾とも言える存在です。

スポンサーリンク

人物

神羅カンパニーでかつて行われた『ジェノバ・プロジェクト』によって母である科学者のルクレツィアの胎内にいながら謎の宇宙生物であるジェノバと融合させられた最初の被験体。

父親である宝条博士が実験に携わったものの、幼少期には自分が宝条博士の息子だと言うことは知らされず、また母親であるルクレツィアの事も認識していなかった。

驚異的な身体能力を誇り、神羅カンパニーを代表する『ソルジャー』のクラス1st.として圧倒的信頼と実力を誇り、いつしか『英雄』とまで呼ばれることに。

CCFF7(クライシスコアFF7)

当時のセフィロスは同じソルジャーの1stに所属するアンジールやジェネシスの2人と仲の良い関係であり、お互いに信頼関係を築いて平和とは言えないまでも英雄として普通の人間らしい生活を送っていた。

しかし、ソルジャーの在り方に対して疑問を感じ始めたアンジールやジェネシスが神羅から離れて行き、2人を助けるという目的のためにクラウドの後の親友であるザックスと共に任務を遂行していく。

その後、同じくFF7本編にも登場したニブルヘイムへの任務において、宝条博士の研究資料から自身の存在に大きな葛藤を起こす。

結果的に魔晄炉の調査名目で立ち寄ったニブルヘイムの魔晄炉で自分の母であると信じ込んでいたジェノバの首を取るが、返り討ちを辞さないクラウドの背後からの1撃によってライフストリームの中に落下していった。

mig

本来であればライフストリームに落ちるという事は”死”を意味する現象ではあったが、セフィロスの生まれ持った精神力はライフストリームに飲まれる事を拒否、逆に星の持つ膨大な数の知識を吸収するに至った。

宝条博士の資料では自分がモンスターと同じように生まれさせられた古代種であるという錯覚をしていたが、このライフストリームへの落下をキッカケに自分を古代種やジェノバを越える存在だと考える。

復讐を果たす為に古代種が封印していた究極の破壊魔法であるメテオの発動の為に、本体を大空洞に置いたままジェノバを操って黒マテリアの捜索を始める。

神羅カンパニーの発表では死亡したという事になっていた。

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    セフィロス大好き!!♪